2017BRM422中部300

4月22日に開催されたAR中部主催のBRM422中部300に参加してきました。前半飛ばしすぎで後半大きく失速するという反省すべき点が多いブルベでした。

今回は8時出走と9時出走があり、朝はなるべくゆっくり寝ていたいと思い、9時出走でエントリーしました。

前回の中部200と同じくトーエイ650Bランドナーで参加しました。「道の駅 瀬戸しなの」まで自走で行きました。

今回はこんなルートです。獲得標高は5000m弱です。
続きを読む

シルバンツーリングのキャップ

ここ最近ビンディングペダルを使わず、フラットペダルを愛用している。その中でも三ヶ島シルバンツーリングが気に入っている。

クロスバイク(Giant CS2000)、700Cツーリング車(サワイサイクル・ファルコン)、トーエイ650Bランドナーの3台でシルバンツーリングを使い、マウンテンバイクでシルバンツーリングの兄弟モデルのようなBM-7を使っている。

クロスバイクで使っているシルバンツーリングのキャップがいつの間にか無くなっていた。

このキャップは補修部品として入手可能であり、フクイサイクルで取り寄せてもらった。1個250円。

無くなったのは1個だが、ついでなので3個注文した。

ペダルを分解してグリスアップした後で、キャップを取り付けた。

オルトリーブ・オフィスバッグ2のバックル交換

自転車通勤にオルトリーブ・オフィスバッグ2を3年以上使用している。

オフィスバッグ2は、他のオルトリーブ製品と同様、開口部を数回巻いた状態で両端をバックルで固定するようになっている。このバックルの爪が折れてしまった。

これでは固定できない。

ネットで調べたところ、バックルのみ補修部品として入手可能のようだ。

品番は「Ortlieb Stealth buckles with strap for Office-Bag E178」だ。

海外通販で販売しているところがあるが、部品自体は数百円なのに送料がバカみたいに高くなる。

オルトリーブ通販専門店に問い合わせたところ、取り寄せ可能であり、部品代が740円、送料540円で、約3-4週間で届くとのことだった。注文して気長に待つことにした。

届いたバックル。

バックルにストラップも付属している。

早速裁縫を行い、バックル交換が完了した。

2017年3月20日 ランドヌール山の会

中部のブルベ関係者のなかでマウンテンバイクが流行っていると聞きつけて、ランドヌール山の会に参加させてもらいました。

テスタッチ・ビート2で参加しました。26インチのフルリジッドで少々古めのマウンテンバイクですが、今回の参加者7名のうちフルリジッドが3台で、一大勢力でした。

コースは犬山から八曽にかけてのトレイルで、乗車したままでクリアできない場所も多々あり、実力不足を実感しました。もっともっとうまくなりたいですね。

マラソン700x35C

通勤用クロスバイク(Giant CS2000)のタイヤをリブモ700x35Cからマラソン700x35Cに交換しました。

交換前のリブモ700x35C。タイヤ幅は実測36mmでした。

走行距離は約7000kmでパンク2回でした。2回とも釘が貫通していました。

摩耗状態はこんな感じです。

交換後のマラソン700x35C。タイヤ幅は実測33mmでした。

カタログ値では、リブモ700x35Cは510グラムで、マラソン700x35Cは730グラムです。1本当たり200グラム以上重くなりますが、自転車自体が16kgぐらいあるのと、通勤では主に平坦地しか走らないことから、この程度のタイヤ重量の違いは走行性にさほど影響を与えないと思います。

2016BRM910中部400km

AR中部主催のBRM910中部400kmに参加してきました。これで今年3回目、通算10回目のブルベです。

前回参加した5月の中部400では膝を痛めてしまったので、今回は膝を痛めず余力を持って完走することを目標としました。

5時40分に自宅を出発し、6時15分にスタート地点のすいとぴあ江南に到着。

車から自転車を降ろして準備していたら、反対側で中部のブルベで何度かお会いしたLOOK乗りのSさんも準備をしていたので、あいさつしました。

自転車は700Cツーリング車(サワイサイクル・ファルコン)で、タイヤは700X28C(グランボア・セールヴェルテ)です。
p1010725
続きを読む